相続コーディネート

相続コーディネート

相続の悩みは人それぞれ、立場によって変わります。

相続の悩みはまず大きく分けると、「遺産を残す人」と「遺産を受けとる人」とに分かれます。
「遺産を残す人」は自分が築いてきたものを受け継いでほしい、残った家族が安心して暮らしていけるか心配など、
「遺産を受け取る人」は家族間の遺産の分け方や納税の心配など、相続に対する立場により変わります。
日本人の遺産の約4割は不動産です。不動産は分けることが難しく即現金化も不動産によっては困難である場合もあります。
また共有名義にすると後々問題になることもあるなど相続の方法次第では未来に問題を残しかねません。
和秀不動産ではあらゆる分野の専門家と連携し、あなたに合った相続の準備、相続問題の解決方法を提案します。

他界した後や、認知症になった時が心配。

平均寿命が年々延びる現代社会で、認知症にかかるリスクも高くなってきています。自分が認知症になった後の財産の管理はどうなるのか?また相続はどうなるのかは、とても大事な問題です。今だからできる、今しか出来ないことは多くあります。ご自身や残される人にとって最も良い相続の形を考えてみませんか?

「相続」が「争族」にならないように

自分のところは家族間の仲もいいし大した財産もないから相続対策なんて関係ないよ、会社も後継者を決めていて引き継ぐことで一致しているから問題ないよと思っている方は多いと思います。しかし遺産相続の話し合いは被相続人が亡くなってから起こります。家庭裁判所で調停になるケースで最も多いのは遺産総額が5,000万円以下のケースです(75%超)。相続が起こる前だからこそ出来る対策は多くあります。

税制改正で、相続税の対象者に!

平成30年7月、約40年ぶりに相続に関する大きな法改正が行われました。改正によりこれまで相続税の対象にならなかった方が課税対象になり、また相続税の課税対象だった方は相続税が増えています。
相続の最大の課題として「不動産」があります。不動産のみが相続財産で相続税がかかる場合、納税が難しくなります。不動産の扱いは専門知識より、営業戦略です。それができるのは、不動産会社だけなのです。

煩雑な手続きも、和秀不動産に相談するだけ

和秀不動産は窓口の1本化「ワンストップサービス」を実施しています。複雑、多岐にわたる煩雑な手続きも、弁護士、税理士、司法書士、土地家屋調査士などの各種士業・各種専門家と連携を取り、チームワークで解決します。

時期によって違う、相続の内容

相続相談の内容は、相続の時期によって相談の内容も、出来る対策も異なります。
①相続前  ②相続時  ③相続後
3つの時期に分類して、コーディネート致します。

PAGE TOP